肌荒れ・アトピー性皮膚炎

赤ちゃん子供のアトピー性皮膚炎「脱ステロイドという考え方について」

更新日:

様々な情報の中には「脱ステロイド!」とか「NO!ステロイド」とか書かれているものを目にしませんか?

実際、息子にステロイドを使い始めて「これで良いのだろうか?」と悩む時期もありました。だって生まれて間もない頃から薬を使用しているんですから。

なので私自身、書籍やインターネットで調べていました。かかりつけの医師にも話を聞いたりしていました。

世の中にはいろいろな考え方の人がいますが、ここから先は私の個人的な脱ステ・脱保湿の考えです。

脱ステロイドについて

脱ステロイドとは使っているステロイドを中止するという方法ですよね。

アトピー性皮膚炎に使用するステロイド外用薬などはアトピーの根本的な治療ではありません。皮膚の炎症を一時的に抑える薬ですよね。

なのでずっとステロイド外用薬を使っていると副作用などの観点から不安になってくるのは当たり前なんだと思います。

そこで、世の中のママたちはどうにかすることはできないか…と脱ステロイドを考えたりするわけです。私も実際、考えたことのあるママの一人です。

小児科・皮膚科の専門医の指示のもとに脱ステロイドをするのは良いと思います。ただ指示のない状態から自分の知識だけで脱ステロイドを行うのは危険だと考えています。

脱保湿剤について

脱ステロイドについて調べていると脱保湿・脱軟膏なんていう言葉も目にするかと思います。これも保湿剤や保湿のための軟膏を使わないという方法ですよね。

アトピー性皮膚炎は肌のバリア機能が普通の人より低いために起こると言われています。そこで保湿剤を使わないと…どうなるんでしょう。少し想像してみると怖くないですか?普通の皮膚の大人の私たちだって、乾燥の時期になるとカサカサ痒くなったりするのに、バリア機能保湿機能の低いアトピーの子供の保湿を中止するってどんなに痒くなるんだろう…って思いませんか?

もちろん、脱ステロイド脱保湿で良くなるお子さんもいるんだと思います。でもそれって、たまたま時期がよかっただけで、薬や保湿剤を使っていても治ってたんじゃないかな?と思います。

息子のかかりつけの小児科の医師にも「肌のバリア機能が弱くなっているから、保湿はしっかりとね」と言われています。実際、うっかり保湿クリームを塗り忘れた日なんて次の日の肌荒れはひどいです。なので私は現在の医師には正直な話をしてしっかりと不安などはなくし、医師の指示のもと薬と保湿剤を使用しています。

もし、現在の治療が不安なようならかかりつけの病院を変えてもよいし、ステロイドを使用しない方針の病院を探すということもできます。素人の知識や民間療法だけではどうにもできないので、しっかりと医師の指示に従うのが良いと私は思っています。

赤ちゃん子供のアトピーはママだって辛い!

息子の肌が弱いので、アトピーや肌荒れに関しては書籍やインターネットで調べまくっている母です。本当に私も辛いです。掻き毟って血を出しているときなんて本当に泣きたいくらい辛いんです。

でも調べても調べても、やっぱり行き着くところはかかりつけの医師に質問すること。医師の指示にしたがうこと。

もちろん、入浴方法や洗濯・掃除などにはこだわっているつもりです。でもだからと言って、無理にステロイドを止めちゃおうとか高額な商品を購入しようとか思っていません。

年齢とともに息子の肌も強くなっていくかもしれないし、肌荒れだって減っていくかもしれない。そのうちにアトピー性皮膚炎の治療方法だって出てくるかもしれない。

それに0歳の頃より、1歳の頃より、今の2歳の肌の状態の方が良いです。ステロイドを使ってたって、抗アレルギー薬飲んでたって、冬の時期以外は肌の状態は良くなっているのがわかります。だから冬はとっても気を使って気をつけているんです。普通の風邪だって冬に気をつけるのと一緒だと思っています。

毎日の食生活や健康に気をつけて、これからも息子と一緒に楽しく生活をしていこうと思っています。

 

あわせて読んでもらいたい記事はこちら↓

アトピー性皮膚炎に関する記事はこちら↓

スポンサーリンク

-肌荒れ・アトピー性皮膚炎

Copyright© しゅふろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.