「主婦のブログ」仕事に家事・育児、毎日時間に追われているママの体験談・本音口コミブログ

しゅふろぐ

出産準備・出産祝い

冬生まれの赤ちゃん 肌着・洋服は何枚着せる?どのくらい準備すればいい?

更新日:

出産準備で準備するものの中に赤ちゃんのベビーウェアがありますよね。

肌着も短肌着・長肌着・コンビ肌着・ボディースーツと種類も様々で何をどれくらい準備すればよいか悩むかと思います。

そこで、それぞれの肌着の特徴や準備の枚数など、我が家の場合をお伝えできればと思います。

赤ちゃんの肌着の種類と洋服のサイズ

肌着の種類

短肌着

すそが腰までの短い丈の肌着・どの季節でも準備する定番の肌着です。動きの少ない3ヶ月頃まで使えます。頻繁に行うオムツ換えなどでも邪魔になりません。

長肌着

すそが足首ほどまである長い丈の肌着・冬の寒い時期などで使われることの多い肌着です。動きの少ない3ヶ月頃までは使えます。動きが激しくなるとはだけやすいので使いにくくなります。

コンビ肌着

股下にスナップボタンがあり、すそが別れズボンのようになっている肌着です。スナップボタンがついているので、動きが激しくなっても、はだけないのが特徴です。お腹が出ないので冷えの防止になります。

ボディスーツ

コンビ肌着と同様、股下のスナップボタンで留めること肌着です。コンビ肌着と違い股下にたるみがないので、動きが活発になる6ヶ月~2歳頃まで使うことができます。お腹が出ないので冷えの防止にもなります。

肌着の素材

赤ちゃんはとても汗っかきなので(毛穴の数は大人と一緒です)、汗を吸収してくれる綿100%がオススメです。

赤ちゃんの肌は刺激に弱いので、縫い目やタグが外側に着いているものを選びましょう。

購入するときはしっかりと確認することが大切です!

洋服のサイズ

新生児 50cm

3ヶ月 60cm

6ヶ月 70cm

1歳~1歳6ヶ月 80cm

2歳 90cm

一般的な月齢と洋服のサイズです。大きい子・小さい子・ふっくらした子・細身の子でサイズも変わってきます。またメーカーやブランドで同じサイズ表記でも大きめに作られているもの・小さめに作られているものなど様々です。

新生児~6ヶ月まではすぐに洋服のサイズが変わってしまうので、揃えるのがもったいないなんて考えてしまうかもしれません。しかし、大きすぎる洋服を着せると赤ちゃんも動き辛くなってしまうのでジャストサイズを選んであげましょう!

冬生まれの赤ちゃん、何を何枚着せるのがベスト?

新生児のころは体温調節がまだ上手にできないので、大人より1枚多く着せてあげましょう。

生後1ヶ月ころからは手足の動きが活発になってくるので大人と同じ枚数で大丈夫です。

生後4ヶ月以降はさらに動きが活発になるので、季節にもよりますが大人と同じか1枚少なくて大丈夫です。

我が家の場合

生まれたのは冬。とても寒い時期でした。(関東)

室内では短肌着+コンビ肌着+カバーオールを着せていました。

短肌着7枚・コンビ肌着4枚・カバーオール5枚で新生児期は過ごすことができました。長肌着は使うことがありませんでした。

毎日洗濯をして乾かすことができればそんなに枚数も必要ないですね!我が家には乾燥機がないので、乾燥機のあるお宅はもっと枚数が少なくても大丈夫かと思います。

また新生児期はお出かけをすることもほとんどないので、あまりたくさんの洋服を準備するのは勿体無いですよ。

スポンサーリンク

-出産準備・出産祝い

Copyright© しゅふろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.