出生数全国2位!川越市の愛和病院で出産すると費用はいくら?評判は?

日本全国の産婦人科の中で、1番赤ちゃんが産まれている病院がどこか知っていますか??

「人口の多い首都圏の病院…?」と考える人が多いと思います。

が。

実際は熊本県の「福田病院」が全国1位なんです!びっくりですね!

続いて、2位 埼玉県「愛和病院」、3位 埼玉県「恵愛病院」、4位 神奈川県「掘病院」、5位 愛知県「安城更正病院」となっています。(2015年のデータ)

今回、私は出生数全国2位の愛和病院で出産しました。費用はどれくらいかかったのか??実際、入院中はどのようにすごしたのか??レポしていきたいと思います。

スポンサーリンク
アーカイブ

愛和病院で出産するとどのくらいの費用がかかる?高いって本当?

今回退院時、愛和病院に支払ったのは48000円ほど。クレジットカードにて支払いました。

もともと分娩予約の時点で10万円を支払い、健康保険組合から直接支払い制度を利用しているので42万円が病院に支払われます。

つまり4万8千円+10万円+42万円

合計56万8千円の支払いでした。

また、初診からの診察代は合計で約6万円かかり、産んだ後の1ヶ月検診では親子それぞれ5千円がかかります。

ぜーんぶ合わせれば…60万円ちょい。65万円くらいあればカバーできるかな?という感じですね。

そして、和痛分娩を利用する場合はここにプラス15万円がかかります。

これから愛和病院で産む方は参考にしていただければと思います。

ちなみに、今回、私は計画出産で産んでいます。朝の8時半から入院し、バルーンや陣痛促進剤を使いました。私は入院初日で赤ちゃんが産まれたので料金の加算はそれほど多くはなかったのですが、

子宮口の開きや赤ちゃんがどれくらい降りてきているか?等のお産の進み具合によって入院日数が変わります。病院関係者の話だと1日ごと3万円プラスだとか…。

結果…

普通分娩の場合60万円くらい

計画出産の場合65万円くらい

和痛分娩の場合80万円くらい

このくらいの金額を目安に考えておけば大丈夫そうですね!

帝王切開や個室利用の場合の金額はもっと多いようです。上記はあくまでも、経膣分娩・3床部屋だった場合の金額で、また処置の内容や処方される薬で金額も変わります!

割引ってあるの??

ひとりめを愛和病院で産んでいる場合や、ご自身が愛和病院で産まれている場合は割引があります。

愛和病院に実際入院してみてどうだった?

今回、愛和病院に入院して思ったこと…やっぱり小さい個人病院より豪華!!

お料理はとても美味しいし、

アロママッサージもしてくれるし、

何か用事があれば「おもてなし係」が対応してくれる。

なにより!入院の持ち物が少ないのが嬉しい!

以前、出産した個人病院では持ち物がたくさんありましたが…今回は本当に少なくてすみました。

産褥ショーツに授乳ブラなどの下着類、

陣痛中の飲み物、

基礎化粧品、

悪露の量が心配なら産褥パッドやナプキンなどを荷物に入れておけば大丈夫。

入院中のパジャマやタオル類、歯ブラシなどの洗面用具や産褥パッド、赤ちゃんの退院着は病院に準備されています。

本当に必要最小限の荷物で済むので入院準備は楽チンでした。

私の愛和病院 計画出産レポート

ひとりめは破水から始まった出産でした。

今回は上の子がいていきなり破水だと困るので、計画出産にしたいという希望を病院に出していました。

37週を超え、いつ産まれても良い時期になり、予定が決まるのを診察の度に楽しみにしていました。

が。

子宮口の開きも悪く、赤ちゃんも降りてこず、

出産予定日間近まで計画出産の予定が経つことはありませんでした…。

ようやく予定が決まったのは出産予定日の2日後。

朝の8時半に入院し、LDRに通され、出産準備スタート。

医師の診察でほとんど子宮口が開いてないと言われ、バルーンの処置の後、陣痛促進剤を使うことが決まりました。

バルーンの処置はインターネットで痛い等の書き込みもありますが

「風船入れて、お水入れるだけだから!すぐ終わるよから大丈夫ですよ」と助産師さんに言われ、怖がることもなくすぐに処置も終わりました。

これは私が経産婦だったことや、以前ラミナリア(ラミセル)の処置をした際もあまり痛くなかったので、心配もありませんでした。

バルーンを入れて30分後、弱い陣痛が始まりました。

その30分後、陣痛促進剤開始!

陣痛がだんだん強まりお昼前には子宮口6センチまで開きました。

まだまだ座って談笑できる痛みで、旦那とテレビを見ていました。

午後2時頃、陣痛もかなり強くなり、子宮口も8センチ。分娩台で横になり腰を擦ってもらうようになりました。でもまだイキミたい感覚はありません。

午後3時、助産師さんが内診したときに破水!ここから痛みが一気に強まり、子宮口も全開!!

助産師さんたちの動きが慌ただしくなり、赤ちゃんが出てくる準備がはじまりました!!

あれよあれよと、お産は進み、数回息んだら赤ちゃん誕生!

朝の診察時には「子宮口も開いてなく本日中には産まれないだろう」なんて医師に言われましたが、順調にお産が進み、陣痛促進剤投与から5時間であっという間に産まれてくれました。

スポンサーリンク
アーカイブ
アーカイブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする