「主婦のブログ」仕事に家事・育児、毎日時間に追われているママの体験談・本音口コミブログ

しゅふろぐ

妊活

赤ちゃんも飲めるノンカフェインのルイボスティーを常備茶にしよう

更新日:

妊活中の女性の中では知っている人も多いお茶ルイボスティー。

女性に嬉しい効果がたくさんあることも知られていますが、実はこのお茶は赤ちゃんから飲めます。

うちでもこのルイボスティーと麦茶が冷蔵庫に常に入っています。

ルイボスティーのってどんなお茶?効能は?

ルイボスティーは南アフリカの最南端セダルバーヅ地方で採れる植物です。マメ科のお茶なので厳密に言えば…茶葉ではありません。日本には80年代に入ってきました。

妊活

ルイボスティーには亜鉛などのミネラル、ポリフェノールが含まれています。

妊娠しやすくするために、排卵の周期を安定させる効果(エストロゲンの分泌を促進)や卵子の質を保つ効果があると言われています。卵子は年齢とともに老化により質も低下するので、活性酸素を除去する働きのあるルイボスティーは妊活におすすめです。

また冷え性などの改善にも良いとされています。身体が冷えていると不妊の原因になります。

アンチエイジング

ルイボスティーには活性酸素を除去し細胞の新陳代謝を上げてくれる酵素が含まれているので、アンチエイジング・美肌には最高のお茶になります。

またこの酵素にはデトックス効果もありますので、ダイエットが期待できます。デトックスによって身体の毒素を排出し、痩せやすい身体を作っていきましょう。

赤ちゃんも飲める豊富な栄養分

ノンカフェイン・低タンニンのルイボスティーは赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

マグネシウム・カルシウム・ナトリウム・カリウム・亜鉛や鉄などのミネラルが含まれています。また活性酸素を除去する働きのある酵素が含まれる希少なお茶になります。

活性酸素って何?

ルイボスティーの効能の中でよく出てくる「活性酸素を除去」という言葉。そもそも「活性酸素」とはなんなのでしょうか?

活性酸素は身体になくてはならないものです。体内に入った細菌などを除去してくれるという働きがあるからです。しかし身体の中に活性酸素が増えすぎてしまうと生活習慣病などの病気を引き起こす原因になります。肌トラブルのや老化の原因になるとも言われています。

この活性酸素が増えすぎてしまう原因は大気汚染・食品添加物の摂取・残留農薬・喫煙・過度な飲酒・ストレスなどがあります。なるべく原因になることは避け、規則正しい生活を心がけましょう。

しかし、生きているとずっと規則正しい生活・食生活なんて無理です。そんなときに活躍するのが抗酸化作用のある食品です。毎日の生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

我が家もこのルイボスティーを飲んでいます

子供にも飲ませています。すっきりとした味わいのルイボスティー。私、個人としては麦茶より好きです。麦茶の苦い感じがどうも好きではないんですよね…

もともと我が子を産む前の妊活のときにこのお茶の存在を知り、飲むようになりました。パパにも飲ませていました。半年ほど継続して飲んでいたころに子供を授かったので、このお茶のおかげかどうかわかりませんが…

次の妊活のためにもまた継続して常備茶にしていこうと思っています。

そして子供がアトピー性皮膚炎の疑いがあるので、飲ませています。アトピーにもルイボスティーに含まれる活性酸素を除去する酵素は良いとされています。


スポンサーリンク

-妊活

Copyright© しゅふろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.