今日もあなたに太陽を〜精神科ナースのダイアリーは面白い?

韓流ドラマ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「今日もあなたに太陽を〜精神科ナースのダイアリー」を家事のスキマ時間に見ました!

ネットフリックス独占配信の韓流ドラマです。原作はウェブ小説です。

元メンヘラの管理人はタイトルで面白そう!と食いつき、一気にドラマを見てしまいました。

精神科の心の病がテーマですので、所々悲しい描写もあります。そのような悲しい描写が好きではない人にはおすすめできないドラマです。

それ以外は、精神科を知るひとつのきっかけになり、また医師と看護師の恋愛模様も見ることができますので、

エンターテインメントのひとつとして楽しんでもらいたい作品です。

「今日もあなたに太陽を」のあらすじ

「今日もあなたに太陽を 精神科ナースのダイアリー」は、精神科病棟で働くナースたちの日常や患者たちとの関わりを描いたドラマです。

精神科医療やナースの視点から、様々な心の問題や人間関係に焦点をあてたストーリーになっています。

「今日もあなたに太陽を」作品の基本情報

原作

「今日もあなたに太陽を 精神科ナースのダイアリー」は、韓国の作家であるヘジン(ハ・スンジン)によって書かれたウェブ小説を原作としています。

この小説は、精神科病院で働く看護師の日常や患者たちとの関わりを描いた作品です。

その後、この小説を基にテレビドラマとして制作され、人気を博しました。

出演者

「今日もあなたに太陽を 精神科ナースのダイアリー」の主なキャストはこちら。

  1. パク・シフ – イ・ヨジン役
  2. カン・ハニョン – ソ・ジフン役
  3. キム・ジウォン – ヨン・ソジ役
  4. シン・ヒョンビン – ファン・ジュヨン役
  5. ソ・ヒョンチョル – イム・ソンハ役

「今日もあなたに太陽を」面白い?見どころは?

韓国でも高評価

「今日もあなたに太陽を 精神科ナースのダイアリー」は韓国で大変な人気を博し、視聴者から高い評価を受けています。

特に、独自の視点から精神科病院の日常や患者たちの物語を描き、登場人物の魅力や心の動きに焦点を当てたストーリーが称賛されました。

テレビドラマとしては、感情移入しやすい物語や演技、そしてキャラクターたちの成長が視聴者に強く訴えかけたため、大きな人気を博しました。

見どころ

「今日もあなたに太陽を 精神科ナースのダイアリー」の魅力や見どころをご紹介します。

  1. リアルな描写: 精神科病院で働くナースたちのリアルな日常や患者とのやり取りが描かれており、その中で人間の複雑さや心の動きが丁寧に表現されています。
  2. キャラクターの成長: 登場人物たちが経験する成長や変化が重要な要素となっています。特に、彼らの過去や心の闇と向き合いながら成長していく姿が描かれています。
  3. 心理的なテーマへのアプローチ: 精神科を舞台にしており、様々な心理的なテーマや精神的な問題に焦点を当てています。それらのテーマを通じて、人間の複雑さや優しさ、弱さを描いています。
  4. 感情移入しやすいストーリー: 登場人物たちの心情や葛藤が丁寧に描かれており、視聴者は彼らに共感し、感情移入しやすい状況に置かれます。

これらの要素が、この作品の魅力的なポイントです。

【感想】元メンヘラの私には「今日もあなたに太陽を」は超面白い

20歳前後、メンヘラだった管理人です。人生に迷い、自分を見失って、悲しくなり、塞ぎ込んだ時期があります。もちろん病院にも通院し閉鎖病棟に入院したことがあります。

ですので、「今日もあなたに太陽を」はとても面白いドラマでした。

本物の閉鎖病棟を知っているわたし、国が違っても仕組みは似ているんだなぁ…と感心したほどです。

また心の病がとても大変であるということもこのドラマを通じてたくさんの人に知ってもらえればいいな、と、思いました。

精神科の病棟ってどのような場所なのだろう?と思ったら、一度は見てもらいたい韓流ドラマです。

韓流ドラマ
スポンサーリンク
シェアする
みいゆをフォローする
しゅふ、きょう何見た?

コメント

タイトルとURLをコピーしました