保険営業のやりがいを感じられない!どうしたらいい?

保険営業の悩み
  • 保険営業の仕事のやりがいが感じられない
  • 保険営業のやりがいって何?

保険営業の仕事はとても大変な仕事ですよね。

とても大変な仕事なのでやりがいを感じることができなければ、続かない仕事です。

保険営業の仕事のやりがいと、やりがいを感じるための工夫について、

元保険会社営業だった私がお答えします!

保険営業のやりがいってなんだろう?

保険の営業という仕事はとても過酷な仕事です。

お客様の家庭の状況や不安をヒアリングし、お客様の将来のリスクや不安を少しでもカバーできるよう保険商品を提案する仕事です。

お客様は「将来起こるかもしれないリスクと不安」に耳を傾けてくれるようになるまでには、それなりの時間と職員の信用が必要になります。

職員の信用を得るまではとても大変な仕事なんですよね!

仕事のやりがいって何だと思う?

「仕事にやりがいがある」ということはとても大切ですよね。

なので、ほとんどの人は仕事にやりがいを求めます。

あなたが仕事にやりがいを感じるのはどのようなときですか?

  • 仕事そのものが充実しているとき
  • 頑張った労力に対して成果が見えたとき
  • 自分の能力を存分に発揮できる場所にいるとき
  • 自分の成長がみられたとき
  • 尊敬できる人と働けるとき
  • 自分の存在価値を感じたとき

「仕事にやりがいがあるなぁ」と感じるのは、今まで頑張ってきたことに対して、充足感や手応えを感じられたときに多いですよね。

保険営業の仕事ならば

  • 契約のノルマを達成したとき
  • お客様に感謝されたとき
  • 「あなただから契約したのよ」と言われたとき
  • 保険という商品がお客様の役にたったとき

このようなときに、やりがいを感じられると思います。

あなたはどうですか?

仕事のやりがいを感じるための工夫

「保険営業にやりがいを感じない!!」とネガティブにとらえるばかりでなく、

仕事を楽しくやりがいを感じながらこなしていくには工夫も必要です。

  • いろいろな人と関わりをもつ
  • スキルや資格を身につける
  • 新しいチャレンジをする
  • 物事をポジティブにとらえる

など、やりがいを感じられない場合は工夫をしてみるのもおすすめです。

保険営業にやりがいを感じられる人はこんな人

保険の営業という過酷な仕事にやりがいを感じられるのは、このような人だと考えています。

保険の仕事にやりがいを感じる人とは

  • 目標という数字を達成することに生きがいを感じる人
  • 上司やお客様に褒められると伸びる人

保険営業の仕事は常に数字というノルマを追いかけ続けなければなりません。

そして、毎月達成していければお給料もどんどん上がる仕事です。

なので、ノルマを達成する・数字を追いかけることが好きな人にはとてもやりがいを感じることができる仕事です。

保険の仕事に向いている人

保険という商品は、目に見える商品ではありません。

また、お客様の不安やリスクに寄り添い、必要な保障を提案して契約していただきます。

なので人に寄り添う優しさや、お金について豊富な知識も必要になってきますね。

  • 初対面の人ともコミュニケーションをとることができる人
  • 人の気持ちに寄り添うことができる人
  • お客様の利益を第一に考えられる人
  • 人の役にたちたいと思っている人
  • お金の知識が豊富な人
  • 何事もポジティブにとらえ行動できる人

このような人は保険営業に向いていて、やりがいを感じることができる人です。

工夫をしても保険営業にやりがいを感じることができないのならば

保険営業はとても大変な仕事です。

毎月のノルマの達成ももちろんたいへんですが、断られるのが主な仕事なので、途中で心が折れてしまう人もたくさんいます。

なので、保険営業にやりがいを感じることができず、辞めたいと思っているのなら、

ほかの職種や業種に転職をしましょう。

今まで保険会社で培ってきた営業のやり方、お金や病気の知識は他の仕事でもとても役に立ちます。

  • 保険会社の事務の仕事に転職する
  • 金融関係の営業職に転職する
  • 他業種の営業職に転職する

など、今までの知識を無駄にすることなく、ほかの会社で活用することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました